周波数は音の波

音は波のひとつです。物が出す振動が、波のように空気中を移動し鼓膜にぶつかって音として認識されます。1秒間に起きる波の数を周波数といい、ヘルツという単位で表記されます。1秒簡に1回の波の周期が起きる状態を1ヘルツという周波数で表されます。ゆっくりとした波は低い音に、反対に速い波は高い音となって届きます。人の耳はだいたい16ヘルツから20000ヘルツまでの音を感知できるといわれていますが、成長や老化によって聞き分けられる音域が徐々に狭くなっていくそうです。ただし、聞こえないから音が存在しないということではありません。

「すべての存在は振動し、音を発している」

魔法の周波数

魔法の周波数とは、実際には存在しない「すべてを治す音」のことをいいます。肝臓、心臓、肺など特定の臓器や器官、感情を癒すための周波数は存在しますが、すべてを癒す万能薬的な周波数=魔法の周波数はまだ発見されていません。いい例が、多くの人に「これは究極の癒しの音楽だ」といわれている曲を聴いても、いまひとつピントこなかったり、反対に不快感を憶えたり、あるいは今まで気に入っていた(癒されていた)曲が最近しっくりこなくなったなどの経験はないでしょうか?それは、一人ひとりが独自の振動をもち、誰ひとり同じではないということ。そして自身も昨日の自分と今日の自分とでは、体調面やメンタル面が微妙に、場合によっては大きく変化しているからです。
だからこそ、ゆらぎ音響ヒーリングは、その人の「今の状態」に合った周波数の音(音楽)を使って調整するのです。そう、演奏前の楽器のチューニングのように。バイオリン ミニ